比較サイト 北海道神宮の六花亭神宮茶屋店 ここだけでしか食べられない焼き餅「判官さま」 - 旬なニュースをお届けニュースナビ

北海道神宮の六花亭神宮茶屋店 ここだけでしか食べられない焼き餅「判官さま」 - 旬なニュースをお届けニュースナビ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道神宮の六花亭神宮茶屋店 ここだけでしか食べられない焼き餅「判官さま」

 北海道神宮で休憩するときにおすすめなのが、境内にある「六花亭神宮茶屋店」だ。ここには北海道土産で有名な「六花亭」の商品がいろいろと並べられているが、なかでもここだけでしか味わえない「判官さま」という焼き餅があるのをご存じだろうか。

 判官さまの姿は、白いまんじゅうの表面に軽く焼き目がついた極めてシンプルなもの。原料は、餅米、砂糖、小豆、そば粉、食塩、小麦粉。北海道産米にこだわっている。あんはつぶあんだ。ふんわりとしていて、それでいて香ばしさもあり、おいしい。その場で鉄板で焼いてくれるので、熱々を食べることができるのもうれしい。北海道産のそば粉が良い味を出している。一口食べたら、もう一度食べたくなる逸品だ。

 さて、この「判官さま」は島義勇(よしたけ)をさしている。「北海道開拓の父」といわれる人物だ。

 島と北海道神宮の関係は、島が北海道神宮の御霊の「開拓三神」を背負って函館から陸路、札幌に入っていることに始まる。いくつか説はあるが、島は明治2年10月(太陽暦の11月)に札幌に入っている。

 島はしばらく札幌市内の自宅に、三神を祭っていたといわれる。まだ当時の札幌神社(のちの北海道神宮)の場所が決まっていなかったからだ。もともと島は、佐賀藩出身で初代主席判官だった。札幌の現在の町の姿を描いたのは島だといわれる。

 しかし、島は札幌に約3カ月しかいなかった。それも冬の厳しい時期で、本当に良いときを知らない。北海道神宮の春先の桜の季節を見せてあげたかった。

 実は、この境内の茶屋でしか食べることができない焼き餅の「判官さま」は、かつては毎月1日と元旦から3日までは参拝客に無料で提供されていた。平成24年9月に、この茶屋が六花亭の直営店になり、これまでの無料提供から販売されることになったのだ。

 1個100円。4個入り400円のものもあり、これは持って帰って、温めて食べると一層おいしくなる。

 六花亭の広報担当者は「明治時代、北海道開拓の父といわれる開拓判官・島義勇への敬意をこめて『判官さま』と名付けています」と話す。

 熱々の判官さまをもう一つ食べてみる。ふうふうといいながらほおばる。そして、ゆっくりとお茶をいただくと、とても幸せな気分になった。(松垣透)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140413-00000517-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

コメント
非公開コメント

トラックバック
トラックバック

http://kira60.blog.fc2.com/tb.php/109-cbb201f0

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 旬なニュースをお届けニュースナビ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。