比較サイト <三鷹刺殺>「交際で恨み」 容疑者、直後にネット投稿 - 旬なニュースをお届けニュースナビ

<三鷹刺殺>「交際で恨み」 容疑者、直後にネット投稿 - 旬なニュースをお届けニュースナビ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<三鷹刺殺>「交際で恨み」 容疑者、直後にネット投稿

 東京都三鷹市で私立高校3年の鈴木沙彩(さあや)さん(18)が殺害された事件で、逮捕された池永チャールストーマス容疑者(21)が警視庁捜査1課の調べに、「交際を巡り鈴木さんに恨みがあった。自宅近くで待ち伏せし、殺すつもりで刺した」と供述していることが捜査関係者への取材で分かった。鈴木さんと池永容疑者はフェイスブックで知り合い以前交際していたといい、同課は別れ話などを巡り、池永容疑者が一方的に恨みを募らせた可能性があるとみて追及する。

 池永容疑者は調べに対し「事前に都内で(凶器の)ナイフを購入した。現在は京都に住んでいる」などとも供述しており、同課は計画的に準備した可能性もあるとみて裏付けを進める。

 一方、事件直後の時間帯に、インターネット掲示板に事件への関与をほのめかす書き込みがあったことも分かった。逮捕された池永容疑者は、逮捕時に携帯電話を所持していたという。

 書き込みは、鈴木さんとみられる女性の動画のリンク先を記載した上で「被害者。無差別ではないです。恨みがありました。」などと記していた。書き込み時刻は事件発生から約1時間40分後の8日午後6時29分。同時刻ごろ、池永容疑者は現場から逃走中だったとみられ、直後の同31分、鈴木さん宅から約600メートル西の路上で捜査員に発見され、緊急逮捕された。

 ネット掲示板には6日にも「(復讐(ふくしゅう)を)してみよ」と事件との関係をうかがわせる書き込みが残っていた。鈴木さんのブログなどには若い男と2人で撮影した写真も掲載されており、同課で関連を調べる。【松本惇、小泉大士】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131009-00000067-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

コメント
非公開コメント

トラックバック
トラックバック

http://kira60.blog.fc2.com/tb.php/11-6e69d13d

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 旬なニュースをお届けニュースナビ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。