比較サイト 若い日本人、ぜひ活躍を=OPCW勤務経験の自衛官—ノーベル平和賞 - 旬なニュースをお届けニュースナビ

若い日本人、ぜひ活躍を=OPCW勤務経験の自衛官—ノーベル平和賞 - 旬なニュースをお届けニュースナビ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若い日本人、ぜひ活躍を=OPCW勤務経験の自衛官—ノーベル平和賞

 ノーベル平和賞受賞が決まった化学兵器禁止機関(OPCW)で勤務経験がある陸上自衛隊の新開正則2等陸佐が11日、東京都新宿区の防衛省で報道陣の取材に応じ、「大変な名誉。若い日本人も手を挙げてぜひ活躍してほしい」と喜びを表した。
 陸自は1997年以降、現在出向中の隊員を含む6人をOPCWに派遣してきた。新開2佐は陸自化学学校で防護衣などの試験をする研究員経験があり、2005年から4年間、本部のあるオランダ・ハーグを拠点に活動。査察官として二十数カ国を訪れた。
 査察官は軍需工場などで処分が計画通り進んでいるか、24時間態勢で確認を続ける。チームはさまざまな国の査察官から成り、考え方の違いから衝突することもあったという。
 「地下鉄サリン事件を見ても、化学兵器がテロリストの手に渡ったら大変なことになる。人類が持ってはいけない兵器だ」と強調する。現在も続くシリアでの査察について、「これまで内戦状態の国に入ることはなかった。何とかやり抜いてほしい」とエールを送る。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131011-00000186-jij-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

コメント
非公開コメント

トラックバック
トラックバック

http://kira60.blog.fc2.com/tb.php/32-e354fd07

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 旬なニュースをお届けニュースナビ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。