比較サイト 警察の警告電話、池永容疑者の友人の番号だった…三鷹女子高生刺殺 - 旬なニュースをお届けニュースナビ

警察の警告電話、池永容疑者の友人の番号だった…三鷹女子高生刺殺 - 旬なニュースをお届けニュースナビ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

警察の警告電話、池永容疑者の友人の番号だった…三鷹女子高生刺殺

 東京都三鷹市で私立高3年・鈴木沙彩(さあや)さん(18)が刺殺された事件で、警視庁は11日、三鷹署が事件当日にストーカー相談を受け、警告のため3回かけた電話の所有者は、逮捕された無職・池永チャールストーマス容疑者(21)=京都市右京区=ではなく、同容疑者の友人だったと明らかにした。また、凶器とみられる刃渡り約13センチのナイフが現場近くで発見された。この日夕、鈴木さんの通夜に当たる前夜式が三鷹市内のキリスト教教会で、しめやかに営まれた。

 事件前、ストーカー行為について口頭で警告するため三鷹署員が電話を3度かけた先は、池永容疑者ではなく、容疑者の友人の携帯電話だった。

 警視庁によると、池永容疑者が事件当時持っていたのは別の携帯電話で、調べに対し「三鷹署から電話があったことは知らない」と供述。襲撃の直前、帰宅した鈴木さんに三鷹署員が安否確認の電話をした際も、鈴木さんの自室のクローゼット内に隠れて会話の様子を聞いていたが「誰と何を話しているのかは分からなかった」という。同庁は、鈴木さんが三鷹署に相談した事実を容疑者が認識していなかったとみて、捜査している。

 鈴木さんは事件当日の8日午前、両親と三鷹署を訪れて被害を相談。一連のつきまとい行為に加え「交際していた時の写真をネット上に出される恐れがある」との内容だった。三鷹署員は池永容疑者の連絡先として説明を受けた携帯電話の番号に午前中に1回、午後に2回かけたが、応答がなかったため、折り返し連絡を求めるメッセージを留守番電話に残した。

 しかし、この番号は池永容疑者が以前、友人から借りて使っていた電話だった。鈴木さんが今年6月頃から着信拒否していたのも同じ番号とみられる。友人は着信に気付いたが、未登録の番号からだったためメッセージを聞かず、容疑者にも連絡していなかった。

 口頭警告のために連絡した先が別人だったという事実について、警察幹部は「相談段階では事件とは断定できず、携帯の所有者を確認するのは不可能」と指摘する一方、「警察への相談に有効な手が打てなかったのは事実。対応を徹底的に検証する必要がある」とした。

 警視庁はこの日、現場から約500メートル離れたマンション敷地内で凶器とみられる刃渡り約13センチのナイフが地表に刺さっているのを発見。また、池永容疑者が履いていたとみられる靴が鈴木さんの自宅敷地内にある別棟のエアコンの室外機裏に隠すように置かれていたことも判明。警視庁は靴を脱ぎ、地上約2メートルのところに設置された室外機を足掛かりに2階の部屋のベランダに入ったとみている。室内に靴跡はなく、身柄確保時、池永容疑者は、はだしだった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131012-00000044-sph-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

コメント
非公開コメント

トラックバック
トラックバック

http://kira60.blog.fc2.com/tb.php/33-d6df6a3b

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 旬なニュースをお届けニュースナビ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。