比較サイト (どうする教育委員会:下)国の改革案、課題は? 越直美氏、瀬見井久氏に聞く - 旬なニュースをお届けニュースナビ

(どうする教育委員会:下)国の改革案、課題は? 越直美氏、瀬見井久氏に聞く - 旬なニュースをお届けニュースナビ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(どうする教育委員会:下)国の改革案、課題は? 越直美氏、瀬見井久氏に聞く

 教育委員会制度の見直しをめぐる中央教育審議会分科会の二つの案をどうみるか。中学生のいじめ自殺問題を機に教委改革を訴えてきた越直美・大津市長と、教委の独立性や専門性に重きを置く瀬見井久・前愛知県犬山市教育長に聞いた。
 (聞き手は編集委員・西見誠一)

 ■首長に責任と権限を 大津市長・越直美氏
 非常勤の教育委員長が代表者という今の教育委員会制度は、責任体制が不明確だから廃止するべきだというのが私の持論。その意味で、教育行政の最終権限を首長に移す案が示されたのは理解できる。ただし「首長は教育長に対して日常的な指示を行わない」とされている部分には賛成できない。……
本文:1,526文字

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131017-00000008-asahik-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

コメント
非公開コメント

トラックバック
トラックバック

http://kira60.blog.fc2.com/tb.php/54-e5bc0cbf

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 旬なニュースをお届けニュースナビ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。