比較サイト ベビーシッターサイト、国は「実態把握せず」 - 旬なニュースをお届けニュースナビ

ベビーシッターサイト、国は「実態把握せず」 - 旬なニュースをお届けニュースナビ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベビーシッターサイト、国は「実態把握せず」

 埼玉県富士見市のマンションのベビーシッターの男性の部屋で17日、男児の遺体を発見。

        ◇

 厚生労働省などによると、ベビーシッターは、国家資格が必要な保育士などとは違い、特別な資格は必要ない。

 ただ、同省所管の公益社団法人「全国保育サービス協会」(東京)は、独自の資格認定試験を実施し、昨年10月現在、約1万2000人が資格を取得しているという。同協会は、「ベビーシッター業の自主基準」で、シッターは、「保育士や幼稚園教諭などの有資格者であることが望ましい」などと定めているが、「資格がなくても営業はできるため、個人で預かっているような人もいるだろうが、実態は分からない」としている。

 シッターを派遣する場合は、業者が労働者派遣法に基づき、国に届け出るか、許可を得る必要がある。

 今回の事件について、同協会の担当者は「シッターは、家庭を訪問し、そこで子どもの世話をするのが基本だ」と話す。今回、問題になったインターネット上でのベビーシッター紹介サイトについて、厚労省は「実態を把握していない」(保育課)としている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140317-00000730-yom-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

コメント
非公開コメント

トラックバック
トラックバック

http://kira60.blog.fc2.com/tb.php/61-66673df3

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 旬なニュースをお届けニュースナビ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。