比較サイト 小林一茶、愛妻家の証明…自筆の手紙見つかる - 旬なニュースをお届けニュースナビ

小林一茶、愛妻家の証明…自筆の手紙見つかる - 旬なニュースをお届けニュースナビ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小林一茶、愛妻家の証明…自筆の手紙見つかる

 江戸時代の俳人・小林一茶(1763〜1827年)が妻に宛てて書いた自筆の手紙など、これまで未確認だった資料45点が京都市内で見つかったと、長野県信濃町の一茶記念館が19日、発表した。

 手紙は自宅にいる病気がちな妻・きくを気遣う内容で、鑑定した矢羽勝幸・二松学舎大客員教授(68)は「愛妻家だった一茶の優しさがうかがえる」と話している。

 一茶は、出身の柏原村(現在の信濃町)に戻り、52歳の時に24歳年下のきくと結婚した。3男1女をもうけたが、いずれも幼い頃に亡くなり、きくも結婚から9年後に病死した。

 妻への手紙の現物が確認されたのは2例目。縦約15センチ、横約32センチの和紙で、宛先は「柏原 留主様」となっている。

 長野市の善光寺周辺にいた一茶は、9月6日から10日まで長野市の門下生方、11日以降は小布施町の寺に滞在するとして、「(あなたが)もし病気にでもなったら、寺に使いをよこしてほしい」と書いている。これまでに見つかっている日記から、1817年か20年のものとみられる。

 中村敦子学芸員は「門下生への手紙と違って崩した字が少なく、読みやすい。妻への思いやりがうかがえる」と分析。「宛名に『きく』と書いていないところに、一茶のちゃめっ気が感じられる」と話す。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140319-00000636-yom-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

コメント
非公開コメント

トラックバック
トラックバック

http://kira60.blog.fc2.com/tb.php/68-2f3a8f98

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 旬なニュースをお届けニュースナビ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。