比較サイト ファンド販売大手に継続的検査=野村・大和は通年監視—監視委 - 旬なニュースをお届けニュースナビ

ファンド販売大手に継続的検査=野村・大和は通年監視—監視委 - 旬なニュースをお届けニュースナビ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファンド販売大手に継続的検査=野村・大和は通年監視—監視委

 証券取引等監視委員会は25日、2014年度の証券検査基本方針を発表した。13年に起きた米資産運用会社による顧客資産消失事件の再発防止に向け、個人投資家向けの大手ファンド販売会社に対し数年に1回、検査を行うことにした。また、野村証券と大和証券は通年で監視し、業務の実態把握に努める。
 米MRIインターナショナルが約1300億円に上る日本の顧客資産を消失させた事件では、過去に検査が行われず問題発覚が遅れたとの指摘がある。ファンド会社に対してはこれまで、投資家からの苦情があった場合などに検査を行ってきたが、個人投資家の被害を防ぐため、14年度からは大手を継続的な検査の対象に加える。
 野村、大和両証券については、検査の頻度を従来の3〜4年に1回からメガバンクと同様の年1回に改める。さらに金融庁の監督部局と連携し、ヒアリングなどを通年で実施する。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140325-00000147-jij-pol
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

コメント
非公開コメント

トラックバック
トラックバック

http://kira60.blog.fc2.com/tb.php/80-fac49c90

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 旬なニュースをお届けニュースナビ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。