比較サイト <沖ノ鳥島>工事中に桟橋転覆、5人死亡2人不明 - 旬なニュースをお届けニュースナビ

<沖ノ鳥島>工事中に桟橋転覆、5人死亡2人不明 - 旬なニュースをお届けニュースナビ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<沖ノ鳥島>工事中に桟橋転覆、5人死亡2人不明

 30日午前7時半ごろ、日本最南端の沖ノ鳥島(東京都小笠原村)の国土交通省関東地方整備局発注の港湾施設建設現場近くで、鋼製の桟橋が転覆する事故があり、桟橋の上に乗っていた男性作業員16人が海に投げ出され、うち5人が死亡し、2人が行方不明になった。9人は救助され、うち4人が軽傷を負った。第3管区海上保安本部は何らかのトラブルで桟橋が傾いたとみて原因を調べる一方、不明者の捜索を急いでいる。

 同局によると、死亡したのは▽新日鉄住金エンジニアリング従業員、中島健一さん(63)▽深田サルベージ建設従業員、川内歩さん(48)▽同、平信雄さん(63)▽同、吉村伸也さん(35)▽一般財団法人港湾空港総合技術センターの60代男性。行方不明になったのは五洋建設社員、老田尚志さん(36)▽深田サルベージ建設従業員、中西隆さん(64)。

 工事は五洋建設、新日鉄住金エンジニアリング、東亜建設工業の3社の共同企業体(JV)が請け負い、工期は昨年8月21日〜今年9月30日。海洋開発拠点として、船舶を係留できるようにする施設を建設していた。

 現地では30日午前2時半から作業を始め、当時は台船(2万4000トン)に乗せた桟橋(長さ30メートル、幅20メートル、厚さ5メートル、重さ500トン)を、沖ノ鳥島を構成する北小島の西約500メートルの場所に設置する準備をしていた。

 転覆したのは、設置現場から南に約500メートルの海上で、台船の船体に注水して海面下に沈め、桟橋を横に引き出すようにして動かす作業中、バランスを崩して桟橋が横転。桟橋の上で作業をしていた16人が海に投げ出されたという。同日午前5時の現地の波高は0・8メートル、晴れていたが、毎秒5・0メートルのやや強い東南東の風があった。16人全員が救命胴衣を着用していた。

 30日午後、横浜市中区の関東地方整備局で記者会見した同局の松永康男・港湾空港部長は「大きな事故を出してしまったことをおわびします」と陳謝した。【高木香奈】

 【ことば】沖ノ鳥島

 東京から約1700キロ離れた日本最南端の無人のサンゴ礁(東西約4.5キロ、南北約1・7キロ)。満潮時にも高さ1メートル前後の北小島、東小島が海面上に残る。1931年に東京府(現・東京都)に編入。島の存在により、日本の全面積を超える約40万平方キロの排他的経済水域(EEZ)が有るが、中国は「岩に過ぎない」として同水域設定を批判。波浪による水没の恐れも指摘され、国は87年から、消波ブロックなどによる護岸工事を実施。2011年からは海洋鉱物資源開発などを目的に港湾整備を始め、全長160メートルの岸壁建設などを予定している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140330-00000076-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

コメント
非公開コメント

トラックバック
トラックバック

http://kira60.blog.fc2.com/tb.php/85-a03ab785

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 旬なニュースをお届けニュースナビ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。