比較サイト - 旬なニュースをお届けニュースナビ

- 旬なニュースをお届けニュースナビ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<佐世保同級生殺害>故郷で何が…記者が現場周辺を歩く

 しん、と静まり返っていた。さっきまで聞こえていたアブラゼミの鳴き声も国道を走る車の音も届かない。長崎県佐世保市の高1同級生殺害事件の現場マンション。「人を殺して体の中を見たかった」。逮捕された16歳の少女は、県警の調べにそう話したという。生まれ故郷で起きた事件が気になり、私は現場周辺を歩き続けた。【滝野隆浩】

 現場マンションの同じフロアには、高校時代の同級生が住んでいた。一緒にオートロックの玄関を抜けてエレベーターで昇る。4部屋のうち、出てすぐ左が現場、右の奥が彼の部屋だ。JR佐世保駅と市役所の中間にあるマンションは市の中心地なのに、静かだ。「ここか?」「ここばい……」。会話が途切れればまた静寂。少女はこんな場所に一人でいた。

 事件の発生は、7月26日午後8〜10時とされる。同級生は休日出勤して午後8時20分ごろ帰宅したが何の物音もしなかった、という。天井の高い10畳の洋間。現場も同じ間取りだ。独り者の彼は言う。「僕は仕事と寝るだけやから快適。ばってん、高1でここで一人って……僕が高校生やったら、静かすぎてとてもできん」

 少女はいま、精神鑑定を受けている。私は以前取材した事件を思い出す。1988〜89年、首都圏で4人の幼女が次々と誘拐され遺体で見つかった。容疑者の逮捕も暑い夏だった。裁判では三つの異なる見解の精神鑑定書が提出された。悲惨で不可解な事件が起こると、「心の闇」と言われるようになったのはあの頃からだ。心の奥底に潜む怪物のイメージ。しかし今回、私は違う印象を持った。これは「手の届く」事件だった。

 加害少女は小6のとき、友達の給食に漂白剤などを入れた。継続的なカウンセリングを勧められた父親は、「子供のいたずらだから」と拒んだ。昨年10月、実母が急死すると少女は無表情になっていく。知人によると、実母は亡くなる前、病室で少女の名前を何度も呼びながら添い寝をしてくれていたという。

 今年3月、少女は寝室の父親を金属バットで殴打し、一人でマンションで暮らすようになる。担当教諭は「好ましくない」と父に伝え、下宿などを勧めたが、そのさなかの5月に父は再婚する。父の20年来の知り合いは「せめて8月の精霊(しょうろう)流しまで待たんと娘が可哀そう、と話したが」と明かした。

 少女はこれでもかというくらいシグナルを送り、周囲も助言をしていた。異物混入事件以降、ひとつでも対応が違っていれば最悪の事態にはならなかったと思う。しかし、少女は最終的に静まり返る部屋に一人置かれ、事件は起きた。

 理解不能な事件はたくさんある。でも今回は「手をのばせば防げる」事件だったと思えてならない。それが、悔しい。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140826-00000004-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



軍法会議記録を公文書館へ移管=15年度から、「二・二六」関連も—法務省

 法務省は25日、旧日本軍で軍人の犯罪を裁くために設置されていた裁判機関「軍法会議」に関する記録を2015年度から順次、国立公文書館に移管すると発表した。1936年の陸軍青年将校によるクーデター「二・二六事件」や、首相官邸で犬養毅首相が殺害された32年の「五・一五事件」の記録なども含まれている。
 軍法会議の記録は、刑事確定訴訟記録法に基づき、最長100年間の保存が義務付けられている。保存期間が過ぎたものについても、歴史的な重要性を勘案し、公文書館で保存することとした。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140825-00000151-jij-pol
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



「離婚話でトラブル」…妻を包丁で刺す 殺人未遂容疑で会社員の男逮捕

 24日午前3時25分ごろ、東京都北区西ケ原のマンションで、「男の怒鳴り声と女性の叫び声がする」と110番通報があった。駆けつけた警視庁滝野川署員がマンション1階の一室で、住人の女性(45)が腹などを刺されて倒れているのを発見。室内にいた男が「自分の妻を刺した」などと話したため、殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。

 逮捕されたのは、近くに住む会社員、上水流朋哉容疑者(46)。妻の交際相手とみられる男性(46)と中学1年の次男(13)も肩などを切られて軽傷を負ったほか、上水流容疑者も手を切って病院に運ばれており、同署が詳しい経緯を調べている。

 逮捕容疑は24日午前3時25分ごろ、北区西ケ原のマンションで、妻の腹や頭などを包丁で刺して殺害しようとしたとしている。妻は重傷を負ったが、命に別条はないという。

 上水流容疑者らは昨年9月に「離婚の話が進まず、トラブルになっている」と110番通報し、同署が弁護士に相談するように助言。夫婦には次男と高校生の長男がおり、今月23日ごろから2人とも妻のマンションに移り住んでいたという。事件当時、上水流容疑者は泥酔状態で、室内からは包丁が3本見つかった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140824-00000528-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



<ひったくり>夫婦が軽乗用車使い 容疑で逮捕 大阪

 軽乗用車で追い抜きざまにビジネスバッグを盗んだとして、大阪府警東住吉署は22日、いずれも無職の矢野信人(45)と妻久美子(45)の両容疑者=大阪市旭区清水4=を窃盗の疑いで逮捕した。2人は容疑を認めているという。大阪市中央区と東住吉区などでこの日早朝、軽乗用車によるひったくり事件が7件相次ぎ、府警が捜査していた。

 逮捕容疑は22日午前8時5分ごろ、東住吉区田辺5の路上で、歩いていた男性会社員(49)の後方から軽乗用車で近づき、現金約3万6000円が入ったバッグを奪ったとしている。警戒中の東住吉署員らが区内のガソリンスタンドで目撃情報に似た軽乗用車を発見。給油中の2人が関与を認めたという。

 中央区と西区の路上では午前4時50分から約2時間で、18〜64歳の女性6人が同様の手口で現金総額約7万5000円や携帯電話などを奪われた。うちアルバイトの女性(19)は軽乗用車と接触し軽傷を負った。府警は関連を調べている。【岡村崇、山本健太】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140823-00000049-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



<犯罪被害>痛み和らげたい…支援のハンドブック完成

 ある日突然、事件に巻き込まれたら−−。犯罪被害者と支援者でつくる「途切れない支援を被害者と考える会」が、犯罪被害者向けのハンドブック「被害者ノート」を作成した。飲酒運転の車に両親を奪われた副代表の小沢樹里さん(33)は「被害に遭った時に必要な情報は、普通に暮らしていれば知らないことばかり。被害者のショックを少しでも和らげたい」と話す。



 ノートは、基本情報・事件・被害者家族の3部構成で99ページ。「捜査や裁判などの流れを知りたい」「体や心の痛みを軽くしたい」「とにかく助けてくれる人がほしい」など、メンバーが事件当時、切実に感じた思いを基に対応策を盛り込んだ。弁護士の選び方や警察との接し方、支援団体探しの方法などを紹介。支援組織を網羅し、困った時にたらい回しにされることも避けるよう配慮した。

 ノートには被害者が自ら書き込む欄も設けた。日々の体調や気持ちを記録する日記欄は、自分を客観的に見られるため。

 また、自分の名前や生年月日、事件の発生場所や時間、加害者の特徴など捜査当局に何度も説明を求められる情報も、あらかじめ記しておくことで、事件を思い起こす苦痛を軽減させるよう気遣った。

 被害に遭った時に置き去りにされがちな心身のケアや保険の申請、犯罪被害者給付金の申請などの情報も添えている。問い合わせは同会(nakanobenkyokai@yahoo.co.jp)。【川名壮志】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140823-00000028-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 旬なニュースをお届けニュースナビ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。